寒さに耐えるアゲハ蝶

毎年春から秋にかけて我が家のベランダにあるグレープフルーツの木にアゲハ蝶が産卵に来るのだが、驚いたことに今年は12月になった今も1匹の幼虫がいる。11月には2匹いたが、1匹は寒さに耐えられなかったのか死んでしまった。知らない人も多いだろうが、秋に生まれた幼虫は蛹になって越冬するが、これまでに12月になっても幼虫でいるのは見たことがない。あまり動かないし、成長する速度も遅く、限界ぎりぎりのところで生きているのだと思う。なんとか頑張って蛹にまでなってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KAZ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)