広報活動のサービス内容
総合コンサルティング
広報計画の立案
実施までの流れ
PR会社の役割・活用法
PR会社とは?
PR専門会社の主な業務
広報(PR)活動の基本
広告 Advertisingとパブリシティ Publicityの違い
  なぜ広報活動が必要か?
情報発信のポイント
情報発信のタイミングについて
発信の種類
情報発信の留意点
PR活動のビジョン
  広報体制の整備と活動内容
媒体リスト
広報ツールの整備
中期・短期広報戦略の立案、実施
同業他社の事例、社内からの情報収集体制の充実
定期的ニュースリリースの発信
記者会見の実施
記者懇談会の実施
プレスキャラバン
Webパブリシティ
日常的なマスコミ対応
  戦略広報の実施メニュー
危機管理(クライシス・コミュニケーション)
社内広報誌の取材、編集
インナーリレーション(社員、社内、グループ企業など)活動のコンサルタント
リサーチ活動
PRイベントの企画・運営
ペイドパブリシティ
経費概要
活動費(フィー)
経費関係(実費)

広報活動について

なぜ広報(PR)活動が必要か

  1. 企業・団体のプレゼンス(存在)を主張しなければ企業戦争に勝てない。

  2. また、いくら良い製品を開発しても、その存在を知らせなければ(広報や宣伝、プロモーション活動をしなければ)製品は売れない。

  3. 戦略的コミュニケーションを展開しないと新しい企業イメージが構築できない。

  4. 広報(コーポレートコミュニケーション)活動を通じて社会の評価、要望、期待を吸い上げ、それを経営に反映させる(ツーウェイコミュニケーション)

情報発信のポイント

誰に伝えたいのか →
一般社会(一般家庭)および関係企業・団体に伝える。

伝える方法は →
報道関係者を通してマス媒体への掲載や放映。オピニオンリーダー等を通じての伝達。報道関係者等に活動を理解してもらう場づくり。

どのようなイメージを得たいのか。 →
信頼性、安全性、社会性、感覚性、国際性などを持った安心できる企業・団体。

タイミングはいつが良いのか。 →
キャンペーンスタート時からモチベーション等を捉えたあらゆるタイミングを活用した花火型と、継続多発型の組み合わせ。

情報発信のタイミングについて

情報発信のタイミングについて

発信の種類

花火型 : 単発的にコアターゲットあるいは社会に対し、イベント等を通じて訴求。

継続多発型 : 様々な切り口の発信による訴求。キャンペーンスタート時からモチベーション等を捉えたあらゆるタイミングを活用し、双方を併用することが効果的。

情報発信の留意点

  1. イメージ醸成のためには長期間、小さな広報素材の多発とイベントの組み合わせが有利 です 。
  2. したがって、一般社会、大衆に支援される、企業論理ではない広報企画、イベント等の発信が必 要と思われ ます 。
  3. その結果、一般社会の受け止め方を測定し、欠落部分のイメージ醸成を行う手法を獲っていくことが必要と思われ ます 。
  4. イメージの獲得には、信頼を獲得すると同じように一つ一つの積み重ねが重要で、それには時間をかけて構築することが結果としてプラスに作用すると考えます 。
  5. イメージ獲得の段階には、一般社会からの「認知」→「好意」→「信頼」→「期待」の順に形成されるもので、早急な信頼獲得はないものと考え ます。
  6. したがって、企業・団体の一般社会に向けた「認知」を第一段階の目標とした情報発信が必要と思われ ます 。

PR活動のビジョン

PR活動のビジョン

前のページ << | 1 2 3 4 | >> 次のページ