広報活動のサービス内容
総合コンサルティング
広報計画の立案
実施までの流れ
PR会社の役割・活用法
PR会社とは?
PR専門会社の主な業務
広報(PR)活動の基本
広告 Advertisingとパブリシティ Publicityの違い
  なぜ広報活動が必要か?
情報発信のポイント
情報発信のタイミングについて
発信の種類
情報発信の留意点
PR活動のビジョン
  広報体制の整備と活動内容
媒体リスト
広報ツールの整備
中期・短期広報戦略の立案、実施
同業他社の事例、社内からの情報収集体制の充実
定期的ニュースリリースの発信
記者会見の実施
記者懇談会の実施
プレスキャラバン
Webパブリシティ
日常的なマスコミ対応
  戦略広報の実施メニュー
危機管理(クライシス・コミュニケーション)
社内広報誌の取材、編集
インナーリレーション(社員、社内、グループ企業など)活動のコンサルタント
リサーチ活動
PRイベントの企画・運営
ペイドパブリシティ
経費概要
活動費(フィー)
経費関係(実費)

広報活動について

広報体制の整備と活動内容

媒体リスト

現在、つきあいのある媒体、および今後強化していくべき媒体をリストアップ。業界の動きなど、情報の内容に適した媒体担当者を調べ、リスト化し、日常業務を効率的かつ効果的に展開していく。たえずメンテナンスが必要です 。

《対象媒体》

新聞: 全国紙、産業工業紙、ブロック紙、夕刊紙、スポーツ紙、リビング紙、通信社、地方紙、業界紙他

雑誌: 一般総合週刊誌、男性誌、女性誌、経済マネジメント誌、情報誌、専門誌、ミニコミ誌、フリーペーパー他

電波: TV (報道、情報番組 等)、ラジオ

WEB : WEB 媒体

広報ツールの整備

  1. 情報を発信する際の広報用封筒、レターヘッドなどの製作

  2. マスコミが取材する時の基本資料、事業内容、事業活動などの情報と、それに関連した写真をひとまとめにした プレスキットをいつでも対応できるよう用意。

  3. 企業・団体のトップをはじめ、広報担当者、研究開発者、オピニオンリーダーなど取材を受ける人を対象に、広 報の理解訴求とマスコミとのスムースな対応を図るための広報マニュアルを作成。

中期・短期戦略の立案・実施

3年、5年、10年と企業・業界戦略に沿った広報計画をたて、戦略的な広報業務を遂行。

同業他社の事例、社内からの情報収集体制の充実

同業他社の事例などの情報収集および広報活動の徹底と宣伝、販促等の各部門の協力を得るためのシステム作り。

定期的ニュースリリースの発信

事業展開、トピックネタ、新製品・新サービスなど、情報のニュースバリューによって、発表方法、媒体のセグメントを行い発表していく。対象媒体は「媒体リスト」に基づく。

記者発表会の実施(随時)

画期的新商品(技術)、新規事業などニュースバリューがあると判断できる場合は、ホテルなどのスペースに記者を集め、企業・団体のトップなどが同席で記者発表会を実施。内容によっては、記者クラブでのレクチャー付き発表、資料の投げ込み発表も考えられます 。

《一般マスコミ》
全国紙などの新聞及び雑誌、専門誌の担当者をそのニュースによってリサーチ。 2 週間前位に案内状を発送。発表会2~3日前に出席の誘致フォローを行う。

《記者クラブ対策、社会部対策》
全国紙、経済・工業紙、ブロック紙、通信社、 TV局の経済・社会部担当者が加盟している記者クラブでの発表も、業界全体における広報の重要な施策とな ります 。

記者懇談会の実施

マスコミとのパイプをより太くするために役員などの出席のもと、定期的な懇談会を実施。全国紙、スポーツ紙、雑誌、TV、地元TV、地元新聞、地元ミニコミ誌、専門誌、業界誌などを対象とする。情報交換の場としても大変有意義です 。

プレスキャラバン

face to face で商品の特長、イベント企画の主旨等を説明する「プレスキャラバン」も効果大。

WEBパブリシティー

各WEBサイトへのアプローチ、情報掲載促進、モニタリング。新聞、雑誌、TV媒体とのメディアミックスも効果的です。

日常的なマスコミ対応

資料請求、トップインタビューの取材要請など、仕込みから実施までのマスコミ対応をスムースに行う。また、パブリシティ素材に適した担当記者に日頃から積極的なアプローチを行い、取材誘致などを働きかけます。

前のページ << | 1 2 3 4 | >> 次のページ